fc2ブログ

水野けんじ 活動手帖

新しい阪南市をともに築こうとする、水野けんじと周辺の人々のブログ

8/22 舞地区 交流会にて

Category交流会
1471975680614.jpg

8月22日に舞地区にて、
市民の方々主催で水野けんじとの交流会が開かれました。

「総合こども館問題から、阪南市の市政のあり方や市民参画の重要性を考える」
をテーマに、水野の考えや想いを語りました。

その内容を抜粋し、こちらのblogへ掲載致します。

----------------------------------------------------------

現在計画が進む総合こども館計画に対し、どう捉えているのか?」

「まず『白紙撤回』を掲げます。
「白紙撤回」の意味は、
「総合こども館計画」という阪南市の極めて重要な事項において、
それを決定するプロセスに民意が入っていない、
つまり市民が参加していない事態がそもそも問題である為、
「計画自体を元に戻す」=「白紙撤回」ということを示します。


また「一極集中はありえない」「幼保を適正な配置に整備する」
の2点も重ねて申し上げます。

現有施設は、耐震補強と改修を行う方針です。
子ども達の命を守るため「極めて早急に」
推し進めなくてはなりません。

耐震化を進める補助金活用については、
「補助金を使えない」「避難所に指定できない」という
行政の説明へ対抗する為明確な耐震診断を行い、
その必要性を付け加えた上、大阪府へ改めて申請を行うべきです。

しかし、仮に補助金を使うことができないとしても
その優先事項は変わることはなく、
子ども達への安心と安全を追求する為には
耐震化を含めた有効的な手立てをしていくべきだと、私は考えます。 

----------------------------------------------------------

上記の課題につきましては、
水野けんじの見解はもちろんこの限りではなく、
多角的な要素と阪南市の現状を以って
さらなる展開と提案を行って参ります。

ご参加の皆様からは今後のまちづくりについても
積極的なご意見も頂戴し、
活発な意見交換の場となりました。

猛暑の中足をお運び下さり、
貴重なお時間を頂きまして、誠にありがとうございました。

後援会事務局

スポンサーサイト



Comment 0

Add your comment