fc2ブログ

水野けんじ 活動手帖

新しい阪南市をともに築こうとする、水野けんじと周辺の人々のブログ

応援メッセージ『強さとしなやかさ、そして優しさ』

Category応援メッセージ
市民の皆様のお声を一つでも多くお聞きし、そして熱い思いを伝えるため、水野けんじは今日も活動を続けています。
市民の方々の阪南市再生へ込める思い、未来への希望、期待の大きさに、水野けんじの日々の活動は支えられています。
事務所に寄せられた応援メッセージのほんの一部分ですが、こちらのBlogにて、ご紹介させて頂きます。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

「水野けんじさんに期待すること。」

海や山の自然にあこがれて阪南市に移り住んで30年を超えました。
子や孫たちも近くの保育所でお世話になりました。

共稼ぎだったので、駅から近い保育所は非常に助かりました。
急な熱発の時も祖父に迎えに行ってもらった事もありました。
運動会では近所の漁師の爺ちゃんたちがねじり鉢巻きで応援していました。
楽しい思い出です。

耐震・改装工事をしっかりとして下荘保育所を残して下さい。
1か所にまとめると子育てが困難になり、町が寂しくなります。

水野さんに初めてお会いして目を見た時、
「この人はウソがつけない方だなぁ」と直感的に思いました。

経歴を見てもひかり協会で「森永ヒ素ミルク中毒事件」から
乳幼児たちを守るために奔走されたことや、
阪南町(当時)に就職されてからは、
障がい者施設の建設運動や保護者会のサポートなど、
常に弱者の立場に立ち、行政手腕ひとすじに歩まれてきたことがわかります。

この経験をこんどは阪南市全体の町づくりに活かして欲しいと思います。

娘さんのお父さんの評価も期待できます。
「父には信念を持った強さとしなやかさがあります」と。

私が一つ付け加えると「やさしさ」も、です。太鼓判を押します。

(69才 箱作地区 男性)

1471975546362.jpg
スポンサーサイト



Comment 0

Add your comment