fc2ブログ

水野けんじ 活動手帖

新しい阪南市をともに築こうとする、水野けんじと周辺の人々のブログ

応援メッセージ『最後の希望を託したい』

Category応援メッセージ
私は阪南市在住の二児の母親です。

総合こども館計画を初めて知らされてから8ケ月が経ちました。
8ヶ月の間、
なぜそんなにも急ぐのか?
選択肢を残してほしい。
どうすれば私たちの声を聞いてもらえるのか?
何とか希望を繋ぎたい、、
その一心で、市役所に出向き、チラシを配り、
周りのお母さんたち、多くの方々と共に、
住民投票実現の為の署名活動をしてきました。

市に期待しては、耳を傾けてもらえず、一方的に押し進められる対応に、
何度も何度も失望させられてきました。

春から我が子の通う公立幼稚園は、とてものびのびとした園です。
お迎えに行く度、木にのぼり、園庭で駆け回る子ども達の姿を目にします。
我が子も、毎日虫を採り、泥だらけになった体操服を持ち帰り、
空っぽになったお弁当箱を嬉しそうに見せてくれます。

その子のペースで、その子らしく過ごせる居場所が、
公立幼稚園にはあると思います。

地域で見守られ、子ども達の心と身体を育てるべき幼稚園が、
市の計画する総合こども館で実現できるとは到底思えません。
市民の声に耳を傾け、本当の意味で市民に寄り添う市政を強く求めます。

実際にお会いしてお話しし、謙虚で、実直な人柄に、
この方なら本当に子どもの未来を一緒に考えてくれる、
阪南市の将来を変えてくれる、と感じました。

水野けんじさんに最後の希望を託したいと思います。

(公立幼稚園 保護者)

1473768762217.jpg
スポンサーサイト



Comment 0

Add your comment